1. トップページ
  2. 米国連邦裁判所(CAFC)判決
  3. 2017年
CAFC判決検索

判決検索が行えます。

米国連邦控訴裁判所(CAFC)判決
2017年一覧

月刊The Lawyers 2017年1月号(第205回)

  • 2017年1月号では、以下の3つの判決を取り上げました。
1. Synopsys, Inc. 対 Mentor Graphics Corp. 事件

この判決は、発明の詳細な説明が明細書に記載されているだけでクレームに記載されていない場合は、抽象的アイデアを対象とするクレームの特許適格性を持つ発明への変換には、不十分であることを判示した。この判決は、コンピュータでの実施を意図した方法クレームをドラフトする際は、人間が精神的にまたは紙と鉛筆で実行することをカバーするほどの広さをクレームが持たないよう、十分な詳細をクレームに含める必要性を示唆した。更に判決は、特許不適格性の異議に打ち勝つために特許権者がその発明の新規性または自明性に依存しても不十分であることを判示した。

No. 2015-1599 (October 17, 2016)

もっと見る

2. Poly-America, L.P. 対 API Indus., Inc. 事件

この判決において、特許権者が審査手続きにおいて争点となるクレーム範囲の否定となる、クレーム文言の範囲を限定する主張をしていたため、CAFCは地裁による非侵害判決を支持した。この判決は、クレーム文言が特許全体およびその審査経過と一致する解釈に限定されるという、クレーム範囲の否定の原則が採用された一例を示した。

No. 2016-1200 (Fed. Cir. October 14, 2016)

もっと見る

3. REG Synthetic Fuels, LLC 対 Neste Oil Oyj, 事件

この判決は、必要に応じてIPR手続における審判部の証拠判断をCAFCが再検討することを示す。また、REG事件は、発明を先に着想したことを立証するためには、発明者はクレームの全ての限定を認識し、その理解を他の人物に伝えたことを証明する必要があることを再確認した。過去の判例から一貫して、本判決は、クレームに記載の発明の着想を証拠書類で立証するために、クレームに記載されていない発明の特徴まで証明する必要がないことを明らかにした。

2015-1773 (November 8, 2016)

もっと見る

  1. トップページ
  2. 米国連邦裁判所(CAFC)判決
  3. 2017年

ページ上部へ