1. トップページ
  2. 当事務所について
  3. 特色

特色

  1. 1.豊富な専門家集団

    幾つもの分野にまたがって多くの専門家を擁し、大学・企業で最新の技術を習得したメンバーをグループ分けし、案件に応じ、グループと担当を決めるチーム編成を採用しています。

    また、多くの弁理士は企業・大学での研究者、知財担当者としての経験を備え、ある弁理士は通信、自動車、化学分野での特許庁の審査官・審判官経験を持ちます。これらの経験を活かしてその案件をリアルな感覚で把握し、お客様の満足のいくゴールを目指し仕事に取り組んでいます。

  2. 2.優れた国際性と知財感覚

    日本の特許審査のスピードが世界の中で抜きん出ている現在、このスピードを活用することが特許の国際展開に役立ちます。今や日本の審査・審判の国際的な波及効果とインパクトには大きなものがあります。

    当事務所は、この審査スピードと審査結果を活用して日本だけでなく他の国においても同時進行的に特許を取得することで、リスクとコストを圧縮しながらお客様のパテントファミリーの価値の向上に貢献します。

  3. 3.充実した訴訟対応能力とその活用

    特許訴訟の本質は、特許された発明(技術)と生の技術との間の類非の争いです。数多くの特許取得で蓄積した経験、技術への深い理解は、特許訴訟で必要とされる重要なスキルです。当事務所は特許侵害訴訟、特許無効審判、税関手続きなどに、特許の有効論、侵害論など特許技術の面から参画し、ご満足いただける多くの結果を出しています。

    訴訟担当者は、バイリンガル相当の語学力を備えていますので、クロスボーダー事件においても、お客様、そして外国チームとの間で明確、迅速なコミュニケーションを図り、期待される役割を果たします。

    当事務所は案件毎に最適な訴訟支援チームを編成し、長年に渡り伊藤見富法律事務所 (Morrison Foerster外国法事務弁護士事務所)と協働して複雑多岐な訴訟案件に対応する他、お客様指定の法律事務所と協働して、積極的に訴訟案件に取り組み、実績を上げています。

  4. 4.人材育成

    特許の出願一つをとっても、出願に続く審査、場合によっては審判にも対応し、長期に渡りお客様をダイナミックにサポートしなければなりません。高い信頼性と発展可能性を維持し、最適なサービスを継続的に提供していくためには、新たな人材の育成が必須です。そこで、当事務所では、大学(日本、欧米)/ 企業で研究や開発に携わった人材を迎え、有能な弁理士・特許技術者を育成してきました。これらの人材に、企業の知財経験者、特許庁の審査官・審判官経験者が加わり、経験・バックグラウンド・視点の多様性を広げ、活力あるチームを編成しています。

    今後とも、知財の多様化・国際化に対応して、より国際色豊かなメンバーを増やし、お客様の国際進出をサポートできる人材の育成に努めます。

  5. 5.サポートと管理体制

    仕事の工程・期限の正確な管理、コスト管理、データベース管理を事務・管理部門の重要な仕事と位置づけています。手続きが世界の多くの国々に跨り、国ごとに特徴のある手続き、期限、ドキュメンテ-ションが必要な特許・商標の世界では、事務部門の知識と経験はスムーズに手続きを行うために極めて重要です。国内外での出願、裁判、審判手続きなどに豊富な経験を持つ有能なパラリーガルがデータベースの設定やアップデートを行い、案件の進捗を管理し、お客様への迅速で的確なサービスに努めています。

  1. トップページ
  2. 当事務所について
  3. 特色

ページ上部へ